Q&A

Q1:まだ、夫(妻)の行動が怪しいと思っている段階で証拠もないのですけど、相談は受け付けてもらえますか?

A1:もちろんです。相談は早い段階の方が色々とアドバイスができます。仮に、結果として不倫も何もなければそれに越したことはありません。

Q2:探偵に相談をしてから、弁護士に相談をした方がよいでしょうか。

A2:探偵会社の言うままに契約してしまうと、高額の費用がかかる場合があります。探偵会社に相談をする前に、まず、当事務所にご相談下さい。

Q3:夫(妻)の不倫が分かりました。混乱して何をどうしたらよいのかも分かりません。このように、混乱した状態のままで相談をしても良いのでしょうか。

A3:ショックで何も手がつかないことは当然のことです。何をして良いか分からない、という段階の方が、自分の判断で衝動的に取り返しのつかないことをしてしまうよりも、むしろ好ましいと言えます。すぐに相談を申し込んで下さい。

Q4:私が不倫をしてしまいました。不倫をした側の相談にも応じてもらえますか?

A4:確かに、不倫は軽率な行為です。しかし、責任があるとはいえ、法外な請求を甘んじて受ける必要はありません。誠意を持って謝罪すると共に、適正な金額を検討しましょう。不倫をしてしまった側の無料相談にも応じておりますので、お気軽にお申し込み下さい。

Q5:慰謝料の「相場」というものはあるのでしょうか。

A5:裁判例等から、だいたいの「相場」の金額というものがあります。たとえば、婚姻期間の長短、子どもの有無と年齢、不倫の結果として家庭が崩壊したか、修復するのか、不倫の前から家庭状況に問題があったか等々の要素を踏まえて、おおよその見当をつけることは可能です。

Q6:不倫相手の夫(妻)から、職場に乗り込む、仕事を辞めろ等と脅かされています。

A6:不倫をしたからと言って名誉を毀損されたり、職を失うことまで追い込まれても良いことはありません。相手に冷静になってもらうためにも早期に弁護士に依頼をして交渉を行うべきです。

Q7:パート先の男性との不倫関係が発覚してしまい、夫から子どもを取り上げられて追い出されてしまいました。離婚はしようがないと思いますが、親権はとれないものでしょうか。

A7:不倫をしたからといって、親権者として失格という訳ではありません。離婚の際に子どもの親権者をどちらにすべきかは、子どもの福祉を最優先として決められるべきです。したがいまして、全くあきらめる必要はありません。しかし、子どもを連れ去られた状態が長引くと既成事実が作られてしまいますので急を要します。すぐにご相談下さい。

Q8:妻である私の不倫が夫に分かってしまいました。夫は離婚の私と相手の男性に対して慰謝料を請求すると言っています。また、夫は「不倫をしたのだから、お前には何も払う義務はない。」と言います。私は財産も何も請求できないままに離婚をしなければならないのでしょうか。

A8:確かに、不倫は軽率な行為です。しかし、離婚の際の慰謝料と財産分与、そして、先に回答した親権は別の問題です。不倫が原因で離婚となったとしても、夫婦共有財産は財産分与として請求することはできます。年金分割も当然に請求できます。

Q9:相談をしたら正式に依頼をしなければならなくなるのでしょうか。

A9:相談をしたからということで、当事務所からその場で強く受任を勧めたり、その後勧誘の電話を入れることはありません。正式に弁護士に依頼をされるかどうかはご自由ですし、何よりも弁護士が事件に介入するタイミングというものがあります。皆さんの重大な人生の選択の問題なのですから、皆さんの意思が最優先であることは言うまでもありません。たとえば、無料相談をなさってから1年以上たって依頼をされる方も珍しくありません。もちろん、相談だけでも構いません。どうか、安心してご相談の申し込みをなさって下さい。

Q10:相談をして納得ができたら、その場で依頼をすることはできますか。

A10:ご希望であれば、その場での受任することも可能です。念のために認め印で結構ですので、印鑑をご持参下さい。なお、シャチハタ印では契約書の作成はできませんのでご了承下さい。

Q11:交渉の弁護士費用はどれくらいでしょうか。

A11:交渉段階での着手金は15万円です。成功報酬は原則として15万円です。いずれの場合も別途消費税がかかります。なお、獲得できた慰謝料が150万円を超えた場合は、その超えた分の1割を加算させていただきます。たとえば、慰謝料として200万円を勝ち取れた場合は、150万円から50万円を上乗せできたのですから、その1割である5万円が加算されます。

また、慰謝料を請求される側の場合の成功報酬も原則15万円ですが、150万円以上の減額となった場合は、150万円を超えた部分の1割を加算致します。たとえば、300万円を請求されたところ、交渉により慰謝料が100万円で済んだ場合は、請求金額から200万円の減額となります。200万円から150万円を引くと50万円となりますので、その1割である5万円が加算されます。

Q12:早期の解決を希望しています。交渉で解決できることは多いのでしょうか。

Q12:交渉で解決に至るケースが半分以上です。その分、弁護士費用もリーズナブルになります。したがいまして、当事務所もいきなり裁判から始めるのではなく、交渉から始めることをお勧めしております。もっとも、事案によってはやむを得ず裁判になってしまう場合もあることはご了承下さい。その際にも依頼者の意思を尊重致しております。当事務所から裁判を強く勧めることはありません。

Q13:訴訟から依頼をする場合の弁護士費用を教えて下さい。

A13:着手金20万円です。成功報酬は、原則として20万円です。いずれも消費税は別途にかかります。成功報酬は前記A11でお答えしたとおり、150万円を超えて獲得した金額あるいは減額できた金額の1割を加算させていただきます。

なお、交渉から引き続き訴訟となる場合の追加着手金は10万円となります。

Q14:弁護士費用の分割払いに応じてもらえますか。

A14:応じておりますので、ご相談下さい。

無料法律相談のご案内

秘密厳守です。 まずはご相談ください。

無料法律相談は原則経験豊かな代表弁護士が対応させていただきます。

法律相談のご予約は24時間受付

0120-114-253

メールでの相談申込はこちら

夜間・土日祝日も対応可能ですが、事前にご予約をお願いします。

アクセス

大宮駅徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-10
シンテイ大宮ビル2F(地図はこちら
TEL:048-650-0606
FAX:048-648-0733

【交通】

JR・東武鉄道・埼玉新都市交通「大宮駅」徒歩4分

アクセス

川越駅徒歩2分

埼玉県川越市菅原町23-11
菅原ビル4階(地図はこちら
TEL:049-277-4253
FAX:049-277-4254

【交通】

JR・東武鉄道「川越駅」徒歩5分

アクセス

所沢駅徒歩6分

埼玉県所沢市北秋津735-4
KSビル201号室(地図はこちら
TEL:042-997-0253
FAX:042-997-0254

【交通】

西武鉄道「所沢駅」6分

私たちにご相談ください。

離婚でお困りの方は特設サイトをご覧ください